FC2ブログ

プロフィール

サク

Author:サク
しょうか、消火、さっさと消化。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

夢が見たかったんだ。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
閲覧注意、ってほどじゃないけど。

夢を見たよ

僕が死んだ時

全ての幕が下りて

その記録をこと細かく綴っている

誰かが居た。

「鴉」の[夢]と言う曲の一節なんだけども


少し考えさせられるなー。


自分の人生が、誰かの娯楽のためにあるとしたら。

教科書の歴史とかも思い込みで

自分以外が「哲学的ゾンビ」で

ぜーんぶジオラマだったとしたら

恐いよね。


あるいは今生きている自分は遠い過去のもので

フィルムやゲームみたいに違う人間が繰り返しみているとか。




ここから先は不謹慎な話が含まれます

つらい時などは見ないほうがいいかも



人生の舞台は、終わったあとの観客の拍手が届かない。


ま、ブーイングも聞こえないけど。

よくさ、「死んだ方が楽になれる」とか「生きることは地獄だ」とか言うけどさ


じゃあ何で死なないの?


生きたい理由があるからでしょ、うっそつきー。

死んだこともないくせに、希望的観測にもほどがあるよね

黒いのにやること楽観的。


いかんなー別に嫌なことがあったわけでもないのに話題がだーく。


そういえば、暇つぶしにすることなんだけど、

ウィキペディアで「心理学」系の言葉を検索して読み耽ると面白い。

多分有名だけど「マリーの部屋」とか「クオリア」、さっき出てきた哲学的ゾンビとかね。

あーなーるほどねーってなるものばっかしなんだよ。

無駄知識以外の何物でもないけどー。


あー今日は鬱々と言うより、布団で不穏な考えをこねまわしますか。


結構楽しい。

おやすみ。
スポンサーサイト



テーマ:戯言 - ジャンル:日記

【2009/09/22 23:12】 | 停滞。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<覚えてる夢と、溶けちゃった夢。 | HOME | はー、日常がひろがりんぐ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amimenom.blog99.fc2.com/tb.php/31-6e195f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム