FC2ブログ

プロフィール

サク

Author:サク
しょうか、消火、さっさと消化。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

夢が見たかったんだ。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
ははは
気が付くと、狂気というものが目の前に落ちている。
妙に粘ついた、ヘドロのようなものが天井から滴っているのである。
色はおそらく青紫なのだろうが、あまりにも濃すぎるせいで黒にしか見えない。

ぼとり、床に滲んだ殺意をふき取りもしないで、見つめていた。
もういっそこの部屋を埋め尽くしてはくれないだろうか。
そうすれば真っ暗で寝心地が良いかもしれないなんて、案外私も呑気なものだ。
それは足元まで来ているのに、決して喉まで届かない。
今日も体の半分が埋まったところで最後の一滴がゆっくりと落ちる。
断末魔のような、上手く泣けない赤子の声が響き渡っていた。

ははは、泣けない赤子は生きていけないんだ。

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

【2012/05/21 18:59】 | 衰弱。 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<ああ、もう、なんか | HOME | 飲み込むな、それは毒なんだ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amimenom.blog99.fc2.com/tb.php/148-1ad22c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【ははは】
気が付くと、狂気というものが目の前に落ちている。妙に粘ついた、ヘドロのようなものが天井から滴っているのである。色はおそらく青紫なのだろうが、あまりにも濃すぎるせいで黒にしか見えない。ぼとり、床に滲んだ殺意をふき取りもしないで、見つめていた。もういっそこ... まとめwoネタ速neo【2012/05/22 01:56】
ホーム