FC2ブログ

プロフィール

サク

Author:サク
しょうか、消火、さっさと消化。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

夢が見たかったんだ。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
(泣)
華

衰退、終焉、さようなら。
君の隣で、夢を待つ。
きっと「今日」にはもう会えない。

現実にはありえない色だけどさ、こんな青く光る花が咲き誇る丘とか行ってみたいな。
この写真のイメージ、言葉で表現するととてもつまらないんだ。
そばで横たわって、体の熱が消えていくのを感じてみたい。

最近は、ホントにいろいろな詩を読むようになりました。
自分以外の言葉に触れるのは、実に楽しいです。
でも、考えさせられるんです。自分の詩は、偽物なんじゃないかって。
そもそも詩ですらないんじゃないのか。

じゃあこれはなんなんだ。

詩をうたってみたのは、写真をつくっているのは
何かを美しいと思うその価値観、自分の世界を、取り戻したかっただけなんです。

わからないんです。やりたいことが、作りたいものが
だから寂しい、苦しい、吐き出してしまいたいものがここにあるのに形にならない。
吐き出しても、それは自己満足にすらならない。
私は自分が大好きだ。けれども、愛しきれない。
どこかでちっぽけな存在だと気が付いていながら、そんな自分を許せない。
作者が心酔できない作品を誰が好きになってくれるのか。
音楽を聴くたび、絵を見るたび、文字を読むたび何かを作りたくなる自分が嫌だ。
そして何よりつくれない自分が嫌だ。
自己否定、自己嫌悪、繰り返す毎日なんか大嫌いだ。

私の愛していたものはどこに行ってしまったんだよ。

今、久しぶりに大泣きしました。感情が高ぶる感覚がなんだか新鮮。
やっぱり私にとって、笑うより泣くことの方が大切みたいです。
泣いたって現実は変わりはしないし、きっとまた心は死んでいくでしょうが
それでも、今夜は人で居られます。
とりあえずそれは幸せなこと。
まぁでも今の仕事、本気でやめることを考えた方がよさそう。
自分を見失うなんて本末転倒にもほどがある。
完全に精神か体が壊れない限り、しばらくは無理でしょうが。

おやすみなさい。

スポンサーサイト



テーマ:叫び - ジャンル:小説・文学

【2012/03/01 23:05】 | 幻覚 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<あぁ、あぁ、あぁ。 | HOME | (笑)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amimenom.blog99.fc2.com/tb.php/114-a3ff45ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム