FC2ブログ

プロフィール

サク

Author:サク
しょうか、消火、さっさと消化。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

夢が見たかったんだ。
ああ、もう、なんか
さくら2



寂しいね。神聖な世界って言うのはさ。

スポンサーサイト



テーマ:加工・合成写真 - ジャンル:写真

【2012/05/26 23:42】 | 幻覚 | トラックバック(1) | コメント(0) |
ははは
気が付くと、狂気というものが目の前に落ちている。
妙に粘ついた、ヘドロのようなものが天井から滴っているのである。
色はおそらく青紫なのだろうが、あまりにも濃すぎるせいで黒にしか見えない。

ぼとり、床に滲んだ殺意をふき取りもしないで、見つめていた。
もういっそこの部屋を埋め尽くしてはくれないだろうか。
そうすれば真っ暗で寝心地が良いかもしれないなんて、案外私も呑気なものだ。
それは足元まで来ているのに、決して喉まで届かない。
今日も体の半分が埋まったところで最後の一滴がゆっくりと落ちる。
断末魔のような、上手く泣けない赤子の声が響き渡っていた。

ははは、泣けない赤子は生きていけないんだ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

【2012/05/21 18:59】 | 衰弱。 | トラックバック(1) | コメント(0) |
飲み込むな、それは毒なんだ。
なんだか寂しいなぁ。

学生のときは、いろんな悩みとか聞けたのにね。
人生相談とか大げさなこと言わないけど、愚痴とか惚気とかとにかく聞いてほしい人いないかなぁ。

いっそ相談室でも設けてみようか
とりあえず今のところはコメントは随時受け付けていますし、広く知られたくないことなら管理者のみ公開にしていただければ相談に乗りますよ。

でもちょっと本気で考えてみようかな。
何かできるわけでもないけどこんな私の自己満足が、周りに隙を見せられない人の、息抜きになればいいなと思ってる。。
私はカウンセラーではないけれど、唯一あなたの他人です。
遠慮なく情を棄ててしまえばいいのです。

吐き気がするなら、いっそ吐いてしまえばいい。


吐きたければの話ですから、無理強いはしませんけど。

テーマ:生きているということ - ジャンル:心と身体

【2012/05/16 00:28】 | 停滞。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日の、ヒトこま
はし

・・・・画像の劣化半端ない。

黄色を使った写真が少ないなと思ったので作ってみた。

でも単色以外の加工写真が作りたい。

それぞれの色を際立たせるような、そんな加工をしたいな。

最近足跡から、ちょっと刺激をうけるサイトを発見したのです。





テーマ:加工・合成写真 - ジャンル:写真

【2012/05/14 23:55】 | 幻覚 | トラックバック(0) | コメント(0) |
正直言って嫌いです。

これは例えばの話、そう例え話。

他人の話なんて興味ないし、褒められたってうれしくないしつまらない。
ほんと、お前のことなんか大嫌いだよ
そんなことを言ってしまったとして、君はなんて答えるのかな

酷いって?それじゃあ
すごいね、一緒にいてくれてうれしいよ。
君のこと、大好きなんだ。
全部嘘だけどな。
そうしたら、君はなんて思うの

うそつきだとか、節操がないだとか思うんだろうね。

どこまでも愛してほしいなんて、その図々しさは尊敬に値するよ。
だから君のこと大嫌い。

これは例え話、例えを出した本音の話。




嘘が嫌いと言うやつに限って、本音を言うと怒るんです。



テーマ:詩【心の闇】 - ジャンル:小説・文学

【2012/05/10 23:18】 | 衰弱。 | トラックバック(1) | コメント(0) |
はとぅ

はとぅ。

昨日で21になりました。

どんどん、大人になっていくんだなぁ。

大人の「子ども扱い」を利用することはもうできないのか、不便だなー。

「わぁ、大人」って言われてはしゃぐ人はなんなんだろう。
大人になったからって何かできるわけでもないのにね。

大人にならなくていいから大人しくしててくれ、めんどくさい。





テーマ:加工・合成写真 - ジャンル:写真

【2012/05/09 22:54】 | 幻覚 | トラックバック(0) | コメント(0) |
抱える。
空


せんせいが呼んでいた。

ここはずっと夜だけれど、眠るわけでもなく、起きるわけでもなく

僕は膝を抱えて泣いていた。


せんせいを呼んでいた。

ここはずっと雨だけれど、晴れるわけでもなく、沈むわけでもなく

僕は頭を抱えて泣いていた。


せんせいは呼んでいた。

「夜はあけて、雨はやんでしまったのです」

僕は抱えきれずに泣いていた。








テーマ:詩【心の闇】 - ジャンル:小説・文学

【2012/05/05 23:07】 | 幻覚 | トラックバック(1) | コメント(0) |
死にたいわけではないのですが
最近の自分のつくる加工写真は、どうしても死に場所をイメージしてしまうのです。

正直に生きたくないから、逃げてしまいたいから、飽きてしまったから。

こんな場所で、そっと眠れたらいいなと考えているのです。


光の届かないような深い井戸の中、少しづつ失っていく体温と意識。

そして今日も、そんな終末を夢見て眠ります。

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/05/01 23:41】 | 停滞。 | トラックバック(1) | コメント(0) |
ホーム